酒粕を使った生チョコのレシピ







当サイトお勧めの酒粕商品です!

美容にも健康にも良い酒粕を、酒粕の美容商品をAmazonや楽天で購入出来ます。

酒粕 生チョコ

インターネットには、いろいろなレシピサイトがあるので、料理に困ったときに参考にしている人も多いでしょう。中にはスイーツづくりが趣味で、レシピサイトで情報収集している人も多いのではないでしょうか。

手作りスイーツの中でも人気の高いのが、チョコレートです。チョコレートのレシピはネットでもいろいろ紹介されていますが、その中でもユニークなのが酒粕生チョコのレシピです。

生チョコと酒粕のコラボといわれるとどんな味になるかちょっとイメージできない人もいるでしょう。しかし優しい味わいになっておいしいとなかなかの評判です。そこでここではネットで実際に紹介されていた酒粕生チョコのレシピを2つピックアップします。

王道の酒粕生チョコのレシピは?

レシピサイトで紹介されていた、オーソドックスな酒粕生チョコは材料として、

  • 板チョコ
  • 酒粕
  • 無調整豆乳

を使います。

まず豆乳をボウルに入れて、その中に酒粕を漬けていきます。30分もそのままの状態で放置すると酒粕がふやけて柔らかくなります。その後の調理もスムーズに行えるのでお勧めです。酒粕がふやけたところで、耐熱容器に豆乳と酒粕、さらに板チョコも加えます。そしてラップして電子レンジの中に入れてチンしましょう。加熱温度は低めに設定して、1~2分程度過熱します。

中のチョコがきちんと溶けたら、取り出しましょう。そしてスプーンなどを使って、中身をよくかき混ぜていきます。神混ざったところで、四角いパッドの上にクッキングシートを乗せます。そして先ほどのチョコと豆乳、酒粕の混ざったものを流し込んでいきます。そして冷蔵庫の中に入れて、冷えるまで待ちましょう。冷蔵庫で固まったところで取り出します。そのままだと大きいので食べにくいはずです。そこで包丁で食べやすい一口サイズの大きさにカットすれば出来上がります。これだけでも十分おいしいですが、ココアパウダーがあれば、チョコの上から振りかけてみるといいでしょう。

ココアとチョコの相性は抜群なので、より深い味わいになります。

チョコレートの場合、ウィスキーボンボンに代表されるようにお酒との相性はなかなかいいです。そこから応用したものが、酒粕生チョコです。酒粕を豆乳に入れることで柔らかくなりますが、完全につぶしきれません。ですから酒粕の硬いところがちょうど食感的にいいアクセントになるみたいです。アーモンドチョコレートを食べているような感じで楽しめます。

酒粕生チョコでトリュフのようなレシピに

女性にとってチョコレートというと、バレンタインデーを連想する人も多いでしょう。義理チョコや友チョコであれば、市販のものでお茶を濁すのもいいかもしれません。しかし好きな彼氏やこれから告白しようと思っている男性であれば、やっぱり手作りのチョコレートを持っていきたいと思っている人も多いはずです。実は生チョコなどを手作りすると、レシピさえ間違えなければお店で販売しているのとそん色ない物が出来上がります。

生チョコで手作りするにあたって、酒粕トリュフというレシピがしばしば紹介されています。酒粕は生チョコと一緒にすることで、クリーミーでうまみが増すといいます。相手の男性もきっと満足してくれるでしょう。しかも酒粕は栄養価が高くて、美容や健康関連のジャンルで高く注目を集めています。ヘルシーで健康のことにも意識した生チョコになるので、彼も「デキる女性」と思ってくれるかもしれません。酒粕トリュフといわれるとハードル高そうというイメージを持つかもしれません。しかし実際にインターネットで紹介されていたレシピを見ると、そんなに難しくないです。今度のバレンタインデーにチャレンジしてみてもいいでしょう。

このレシピを作るにあたって材料として、

  • 酒粕
  • お酒
  • ココア
  • ミルクチョコ
  • 甜菜糖

を用意します。甜菜糖以外でも、黒砂糖で代用することも可能です。よりヘルシーになるのでお勧めです。

まずは耐熱ボウルに酒粕と砂糖とお酒を入れて、電子レンジで3分程度過熱します。電子レンジでチンする際には、ラップをする必要があります。この時しっかり密閉するのではなく、軽くカバーするような感じで十分です。この程度の時間加熱すると、酒粕や砂糖が溶けているはずです。

ボウルを取り出したらスプーンなどを使ってよく中身をかき混ぜます。十分混ざったところで、ココアも入れて滑らかになるまで丁寧にこねましょう。ここにお酒を大さじ1杯程度入れましょう。もしお酒が苦手なのであれば、お酒を入れるのはスルーしてもかまいません。理想は濾すといいのですが、濾さずに少しプチプチした感じがあっても致命傷にはならないでしょう。しっかり混ざったところで、冷凍庫で冷やします。ただしこれはあくまでもまとめやすくするのが目的なので、凍らす必要はないです。あくまでも短時間置く感じです。

今度はチョコレートを千切りにして粉々の状態にして、電子レンジ100Wにて10分以上丁寧に溶かします。これ以上の温度になると滑らかな感じになりません。もし100Wの設定ができない機種であれば、湯銭でチョコレートを溶かす方法があります。この工程の途中で冷凍庫から酒粕などの入ったものを取り出しましょう。そして好みの大きさで丸めて形を整え、お皿の上に乗せましょう。ここにチョコレートが完全に溶けたところでこの丸めたココアや酒粕などの塊を入れて、チョコレートでコーティングします。バットにアルミホイルを敷いたものの上に乗せ、冷蔵庫で冷やします。30分も冷やしておけば、固まって出来上がりです。見た目にもこだわりたいのであれば、ラッピングをかわいらしくするのもいいでしょう。

酒粕生チョコは自分のためにも誰かのためにも

酒粕生チョコのレシピをマスターできれば、自分のスイーツのレパートリーも増やせるでしょう。自分で楽しむのもいいでしょうし、上で紹介したようにバレンタインデーに好きな男性に渡すためのレシピとして覚えておいても決して損はないです。酒粕生チョコは通常の生チョコとは少し違った斬新な味わいに仕上がります。ですから、誰かに食べてもらえば好評になるかもしれません。スイーツの自分のレシピに取り入れてみるのはいかがですか?







当サイトお勧めの酒粕商品です!

美容にも健康にも良い酒粕を、酒粕の美容商品をAmazonや楽天で購入出来ます。