酒粕、甘酒などを使った美容に関するお役立ちサイト

酒粕美容.com

スポンサードリンク







酒粕料理

酒粕を使ったソーセージのレシピを2つ紹介!

更新日:

酒粕 ソーセージ

普段の食卓やお弁当まで、幅広いシチュエーションで活用できるソーセージですが、自宅の冷蔵庫に常備している人も多いでしょう。フライパンで焼くだけで簡単に作れるのが魅力です。

ソーセージを焼くだけでもいいでしょうし、シチューの中に入れて煮込んでも食感がいいアクセントになります。またソーセージをカットして、チャーハンや野菜炒めの中に入れてもいいでしょう。

ソーセージを使ったレシピはインターネットでもしばしば紹介されています。その中でもちょっと珍しいレシピとして、ソーセージと酒粕を使ったものがあります。

ちょっと想像ができないという方もいらっしゃるかと思いますが、日本酒の風味がふわっと広がる味わいは、やみつきになりそうですよ。

ソーセージを酒粕に漬けるレシピ

酒粕ソーセージ

粕漬けという料理が日本には昔からありました。粕漬けというと、豚肉や魚などをイメージする人も多いでしょう。しかしレシピサイトをチェックすると、ソーセージの粕漬にチャレンジしている人も見られます。

ソーセージに酒粕のほんのりとした香りが移ります。このため、通常のソーセージと比較すると深みが出て、高級なソーセージを食べているような感覚になるといいます。

【材料】

ソーセージの粕漬の材料ですが、

  • ウィンナー 1袋
  • 酒粕 200g×2袋
  • 水  200cc
  • 酒 50cc
  • 塩 少々

を準備しましょう。

市販されているソーセージ一袋を粕漬けにするのであれば、酒粕は400g程度必要になります。

【作り方】

<1>まずは酒粕を水・お酒を使って伸ばしていきます。酒粕床を作るわけです。酒粕は硬めなので、伸ばすのには少し力が必要でしょう。男性の方にお願いして作業してもらったほうがスムーズに工程が完了するはずです。

 

<2>この酒粕床を作る一方で、ソーセージの下ごしらえも進めましょう。

 

<3>ソーセージに塩を少々振って、そのままの状態で2時間程度放置します。この程度放置していると、ソーセージから汗をかいたような感じで水分が浮き出してきます。

この水分はキッチンペーパーなどを使って拭き取りましょう。

 

<4>そしてソーセージにつまようじなどを使って、目安としては3か所程度穴をあけておきましょう。酒粕のエキスが浸透しやすくするためです。

 

<5>ここまで下準備が終わったら、実際の粕漬の工程に入ります。酒粕床にソーセージを埋め込んで、漬け込みましょう。

目安としては4日程度漬けこんで放置することです。

 

<6>酒粕床からソーセージを取り出したら、付着している酒粕を水で洗い流しましょう。

そしてこの余分な水気はキッチンペーパーなどを使って拭き取ります。

あとは好きに調理するといいでしょう。

 

そのままフライパンで焼いて食べてもいいでしょう。

焼いて食べるのであれば、こんがり焼き目がつくくらい焼き上げるのがおすすめです。

飯のおかずでもいいでしょうし、お酒を飲む人であればビールなどのおつまみとしてもおすすめのレシピといえます。

じゃがいもとソーセージの豆乳酒粕スープのレシピ

じゃがいもとソーセージの豆乳酒粕スープ

冬場は日本全国的に厳しい寒さになることもしばしばです。

この時には温かい食べ物を食べて、体を芯から温めたいと思いませんか? このようなときにシチューを食べるのはちょうどいいでしょう。

シチューの優しい味わいが体にしみこみます。シチューに関するレシピはインターネットなどでもしばしば紹介されています。

その中でも少しユニークなレシピに、じゃがいもとソーセージの豆乳酒粕スープがあります。

洋風のシチューなのですが、酒粕を入れることで和のテイストも加わります。

【材料】

じゃがいもとソーセージの豆乳酒粕スープのレシピで用意する食材ですが、

  • じゃがいも 2個
  • ソーセージ 6本
  • たまねぎ 1/2個
  • にんにく 1かけ
  • 酒粕 50g
  • 豆乳 350㏄
  • 水 150㏄
  • 顆粒コンソメ 小さじ1/2
  • バター 10g
  • 薄力粉 大さじ1

を準備しましょう。

【作り方】

<1>下ごしらえとして、ジャガイモの皮を見て一口大にカットして、水にさらしておきます。

 

<2>ある程度時間の経過したところで、電子レンジで4~5分程度加熱します。にんにくはみじん切り、玉ねぎは薄切りにしておきます。

 

<3>ソーセージは通常サイズのものであれば、半分くらいの大きさにカットします。

 

<4>酒粕はちぎって、水の中に入れ、電子レンジで30秒ほどチンすると溶けやすくなります。

 

<5>一方で鍋にバターを入れて加熱し、溶かしていきます。そして下ごしらえをしたニンニクと玉ねぎを入れて炒めていきます。

 

<6>焼き目のついたところで薄力粉を入れて炒めていきます。ある程度時間が経過すると、粉っぽさがなくなりますのでここまで来たらソーセージを入れます。

 

<7>しばらく炒めてジャガイモと水に溶けた酒粕を加えていきましょう。

 

<8>今度は顆粒コンソメを入れて、3分くらいコトコト煮込んでいきます。

 

<9>その後豆乳を加えていきます。豆乳が入ったら、煮立てないように温度の調整をこまめにすることです。

 

<10>そして3~4分経過したら出来上がりなので、お皿に盛り付けていきましょう。

味見をして物足りないようであれば、塩を適量くわえましょう。

 

酒粕と豆乳の組み合わせですが、相性はなかなかです。しかも両方とも非常に栄養価が高く、シチューを食べることでいろいろな栄養素を摂取できます。

体を温めながらヘルシーになるのもいいのではありませんか? けっこう大変そうというイメージがあるかもしれませんが、このレシピを紹介していたサイトでは30分程度もあれば出来上がるといいます。少し多めに作っておいて、作り置きをしておくのもおすすめです。

忙しかった時にはお皿に入れて電子レンジでチンして食べることも可能になります。

ソーセージと酒粕のレシピで料理のバリエーションを増やす

このようにソーセージと酒粕のレシピはいろいろと紹介されています。最初に紹介したソーセージの酒粕はちょっとどんな味になるかイメージできない人も多いでしょう。

しかし実際にこのレシピに挑戦した人の体験談を見ると、「意外とマッチする」という意見が多かったです。

焼いて食べるほかにも茹でて食べる方法もインターネットでは紹介されていました。

ゆでると甘みが増してこれもおいしいと評判です。

シチューは冬場に1度は食べるという人も多いでしょう。酒粕と豆乳のシチューにすることで、よりヘルシーになります。

じゃがいもを加えることでボリュームもアップするので、腹持ちもよくなります。酒粕とソーセージのレシピに休日などを使って挑戦してみませんか?

スポンサードリンク




酒粕コラーゲンゼリー 口コミ

日本酒生まれのコラーゲンゼリーについてもっと詳しく

もっと詳しく

スポンサードリンク







おすすめ記事

-酒粕料理
-

Copyright© 酒粕美容.com , 2018 All Rights Reserved.