酒粕、甘酒などを使った美容に関するお役立ちサイト

酒粕美容.com

スポンサードリンク







酒粕

酒粕の魅力的な冷え性への効果

更新日:

冷え性

冷え性は、手足が冷たくなったり、低体温になったりなどの症状がつづく辛い症状です。

そして、多くの女性がこの冷え性の症状に悩んでいるのが現実でもあります。

冷え性は病気ではありませんが、冷え性が続くことにより体調不良になったり、病気の原因となってしまうことがあることから注意が必要なのです。

冷え性を改善するだけでも、快適に一日を過ごすことができるようになったり、体力や気力も変わってきます。この冷え性を改善するためには、実は酒粕が効果的なのです。

冷え性の原因

多くの冷え性の原因は、現代社会によくある生活習慣の乱れだとされています。仕事などが忙しいために不規則な生活習慣になってしまったり、外食が増えることから栄養バランスが崩れることも原因となっています。

また、生活習慣が乱れると、睡眠時間がまばらになり、十分な休養を取ることができなくなります。

身体が十分な休養を得ることができないと、身体の機能が正常に働かなくなり、様々な体調不良を引き起こすのです。

そのひとつに、血行不良があります。血液の流れが悪くなると、手足が冷たくなるだけでなく、身体の隅々に必要な栄養が行き届きにくくなってしまいます。

また、体が冷えると免疫力が低下してしまうことから、風邪やインフルエンザをはじめとする感染症にもかかりやすくなります。

こういったことから、冷え性が原因で体調不良を引き起こすことが多くなってしまうのです。

冷え性は酒粕で改善できる

冷え性を改善するためには、その原因である血行不良を改善する必要があります。

血行不良を改善する方法には様々なものがありますが、中でも最近注目されているのが「酒粕」です。

酒粕には、酒粕のタンパク質を分解して生じるペプチドがあり、このペプチドに血行不良を改善する効果が含まれているのです。

酒粕を摂取するためのおすすめの方法は甘酒です。

甘酒を購入して飲むこともできますが、スーパーなどで酒粕を購入して甘酒を作ると、さらに経済的に血行不良を改善できます。

冷え性の人には見逃せない酒粕の効果

冷え性の人は、日中だけでなく夜寝る時にも手足が冷えて熟睡できないという人も多いでしょう。

酒粕はそんな人に特におすすめです。

酒粕を使って作った甘酒を飲むと、身体の芯からじわじわと温かくなってきます。そして、甘酒を飲んだ後は、このポカポカ感が長時間継続することから、身体が温まり、夜も熟睡できるようになります。

熟睡できるようになると睡眠の質がよくなることから、疲労回復も早くなります。疲労が回復すると、身体の機能が正常に働くようになり、血行不良が改善されるようになります。

血液の流れがよくなると、体の隅々に栄養が行き届き、冷たい手足も温かくなるのです。

このように、酒粕は冷え性の人には必見の食品なのです。

酒粕は冷え性以外にも、病気の予防にも効果がある

酒粕には、タンパク質をはじめ、ビタミンB群、葉酸、パントテン酸、そして食物繊維が豊富に含まれています。

血行不良を改善してくれるとともに、これらの栄養素が身体の隅々に送られ、糖尿病やがん、高血圧、肥満、物忘れ、脳梗塞、骨粗鬆症、狭心症、アレルギー体質、心筋梗塞、動脈硬化、そして美白効果にも効果があるとされています。

冷え性だけでなく、病気の予防、そして美容に効果があるというのも、女性には嬉しいところです。

酒粕は二日酔い予防にも効果がある

酒粕は、日本酒を作る際に抽出されるカスの部分になりますが、酒粕を使ったおつまみと一緒にお酒を飲むと、二日酔いになりにくいとも言われています。

お酒と一緒に酒粕を食べると、アルコールを吸収してくれることから、体に吸収されるアルコールを最小限に抑えてくれるのです。

お酒を楽しみたいけれど次の日の二日酔いが悩みという人は、酒粕を使っておつまみを作ってみましょう。

酒粕を使ったおつまみでお酒を楽しみ、同時に冷え性も改善することができたら一石二鳥ですね。

酒粕は飲むだけでなく食べることもできる!

酒粕は、健康や美容に効果があるということから最近注目されている食べ物です。

酒粕というと、甘酒を思い浮かべる人も多いでしょう。

温かい甘酒は、体の芯から温めてくれますが、真夏の暑い時には温かい甘酒はちょっと暑いと感じることもあるでしょう。

そんな時には、冷蔵庫で冷やした冷たい甘酒もオススメです。

酒粕は飲むだけでなく、料理に使ったりおやつにすることもできます。

食べるのであれば、季節に合わせたおやつや料理に活用することができますね。

酒粕を使ってどんなおやつが作れる?

酒粕を作ったおやつには様々なものがあります。

板状の酒粕がある場合には、トースターやオーブンで焼いてパンのように食べることができます。

酒粕の上にチーズをのせて焼くとおいしさも倍増で、酒粕ピザのような感覚で楽しむことができます。

また、酒粕はおやつだけでなく、料理にも活用することができます。肉や魚などの煮込み料理に酒粕を加えると、肉や魚の臭みを消して、まろやかな仕上がりになります。

特に、タラの煮込みに酒粕は相性がとても良いのでオススメです。

おいしく酒粕を食べて冷え性を改善

冷え性は、寒い冬はもちろん、真夏でも血行不良が改善しない限りは治りません。

夏は外は暑くなりますが、室内はエアコンが効いていることから、オフィスなどで働いている人は、冷え性に輪をかけて手足が冷え、辛い思いをすることもあるでしょう。

甘酒には多少のアルコール分も含まれるので仕事の休憩時間などに飲むのはオススメできませんが、一日が終わって家でゆっくりしながら飲むことで、冷え性を改善しながらリラックス効果も得ることができます。

日常生活からくるストレスも冷え性の原因となりやすいことから、酒粕を使った甘酒を飲んでリラックスすることで、血液の流れを良くしながら血行不良や冷え性を改善していくことができるのです。

また、時間がある時には、料理に酒粕を加えたり、酒粕で夜食やおやつを作ることで、自然と冷え性を改善していくことができるでしょう。

甘酒は既製品を購入するのもよいですが、酒粕を購入して甘酒を作ったり、料理に利用したりなど、臨機応変に活用すると経済的です。

酒粕を頻繁に使う人は、お得パックなどを購入しておくのもひとつの手段です。

スポンサードリンク




酒粕コラーゲンゼリー 口コミ

日本酒生まれのコラーゲンゼリーについてもっと詳しく

もっと詳しく

スポンサードリンク







おすすめ記事

-酒粕
-

Copyright© 酒粕美容.com , 2018 All Rights Reserved.