酒粕はどうして肥料として使うことができるのか?







当サイトお勧めの酒粕商品です!

美容にも健康にも良い酒粕を、酒粕の美容商品をAmazonや楽天で購入出来ます。

酒粕 肥料

酒粕は、甘酒を作るのに使われたり、化粧水やハンドクリームなどのスキンケア商品に使われることもあります。そんな様々な使い道を持っている酒粕は、植物を育てるための肥料としても使うことができます。
自宅で育てる観葉植物をはじめ、農家ではお米を育てるのにも使われているところがあるそうです。

そもそも酒粕って何?

酒粕とは、日本酒などのお酒を造る過程にて排出されるもので、もろみを圧縮した際に残った固形物のことを指します。液体の部分は日本酒として製造され、固形物の部分は酒粕として排出されます。この固形物の部分が最近では注目されており、健康食品やスキンケア商品に使われるようになっているのです。

酒粕は、水分、炭水化物、タンパク質、脂質、そして灰分から作られています。酒粕は、日本酒を作る際に排出された物質で、日本酒には使われませんが、栄養分も含んでいます。酒粕の栄養には、ペプチドやアミノ酸、ビタミン、そして酵母などが含まれており、食品だけでなく、スキンケア商品にも使われるようになってきているのです。

酒粕には肥料になる栄養が含まれている

酒粕は、日本酒を作る過程で絞り出される固形物ですが、酒粕に含まれる栄養を利用して、肥料として使うこともできます。ただし、大量に使うと刺激が強すぎるので、自宅の観葉植物などに使う場合には、少量を使うとよいでしょう。

酒粕は食べ物からできていますから、土の上に酒粕を置くと、食べ物の臭いにつられて虫が寄ってくることもあります。室内に置く観葉植物などの場合には、虫を寄せ付けないために、土に穴をあけ、酒粕を穴の中にまき、その酒粕の上に土をかぶせることにより対策できます。酒粕には、肥料としての栄養分も含まれていますので、上手に活用すれば、より美しい植物を育てることができるでしょう。

コメ作りの肥料として使われる酒粕

酒粕は、そもそもコメが原料として発酵したものになります。こうして作られた酒粕は、農家では田んぼの肥料として使われることもあります。酒粕には作物を育てるために必要な栄養も含まれており、おいしいお米を作るカギにもなっています。

ただし、ただ単に酒粕を畑にまけばよいというのではなく、酒粕をコメ作りの肥料として使っている農家では、稲の栄養成分として確実に効果を得るための試行錯誤も必要だったようです。
また、酒粕を機械に入れて畑に散布すると、酒粕が機械に詰まってしまうというトラブルもあるようです。

コンポストを作る

コンポストとは、自宅でも簡単に作ることができる自家製の肥料のことを指します。コンポストの材料は、生ごみ、紙類、植物などを混ぜて作ります。コンポストにはほとんどの生ごみを使うことができますが、乳製品、加熱した食材、油類を避けます。栄養バランスのとれた肥料を作るためには、コンポストに混ぜる材料選びも大切で、紙類と生ごみのバランスも重要なポイントです。

コンポストに使う材料は、栄養が含まれた食材を使うことがポイントでもあります。バナナの皮などには食物を育てるために必要な栄養が豊富に含まれており、コンポストにすることで、良質な肥料を作ることができるのです。バナナ以外にも野菜などには皮に栄養が多く含まれています。こういった皮は、肥料を作るためのコンポストにぴったりなのです。

コンポストには酒粕を使うこともできる

コンポストに使う材料は、生の野菜や果物だけでなく、酒粕を使うこともできます。酒粕はすでに発酵した食品であることから、分解されるのも早く、短期間で肥料を作ることができるのです。酒粕をコンポストのバケツに混ぜて作る方法もありますが、さらに短期間で肥料を作りたい時には、土と酒粕を混ぜることにより、より早く良質な肥料を作ることができます。

さらに時間がない時は酒粕をそのまま肥料にする

酒粕は、コンポストにして肥料を作るという方法もありますが、肥料を作る時間がない場合には、畑や田んぼに酒粕をそのまま混ぜることもできます。コンポストには適度な湿度と空気、そしてバランスの良い材料が必要になりますが、畑にそのまま混ぜることでも、空気と水、そして太陽の光を浴びて良質な肥料にすることができるのです。酒粕を畑にそのまままけば、肥料をまく手間も省けますね。

どうして酒粕が肥料になるのか?

酒粕は、どうして肥料として使うことができるのでしょうか?野菜などを育てるためには、栄養のある土が必要です。畑で使っている土は、一度作物を育てると、作物が栄養を吸収することから、栄養が少なくなります。そのため、栄養のある食べ物などを混ぜて新たに栄養を追加し、栄養のある新しい土を作る必要があるのです。

酒粕は、分解されやすいだけでなく、作物を作るために必要な栄養も豊富に含んでいます。そのため、コンポストや畑の肥料に使うことにより、良質な土を作ることができるのです。

酒粕肥料は自宅でも作れる

酒粕を使った肥料は、コメを作っている農家などで余った酒粕を使って作られていますが、自宅でも簡単に酒粕肥料を作ることができます。

最近では、酒粕は食品としてだけでなく、スキンケアにも使われるようになっています。甘酒を作った後の酒粕や、パックなどを作った後の酒粕を土と混ぜて、瓶の中に入れておくだけで、良質な肥料を作ることができます。肥料作りには空気も大切なので、瓶を使う倍には、蓋に穴をあけて、通気性をよくするようにしましょう。

酒粕をリサイクルすることは環境にも良い

使い終わった酒粕は、ゴミとして出すこともできますが、肥料作りに使うことで、酒粕をリサイクルし、ごみを減らすことができます。ごみを減らしながら、植物を育てるための肥料を作ることができれば一石二鳥ですね。また、肥料を購入するとそれなりの費用もかかりますが、自宅や農家などで余った酒粕を使えば、肥料を購入することなく、植物に必要な栄養を用意することができるのです。また、自分で作った肥料で植物を育てることにより、植物を育てるのもさらに楽しくなることでしょう。余った酒粕は、すぐに肥料として使わない場合には、冷凍して肥料作りをするときまで保存しておくという方法もあります。







当サイトお勧めの酒粕商品です!

美容にも健康にも良い酒粕を、酒粕の美容商品をAmazonや楽天で購入出来ます。