酒粕、甘酒などを使った美容に関するお役立ちサイト

酒粕美容.com

スポンサードリンク







酒粕

酒粕は偏頭痛にどのように効くのか?

更新日:

偏頭痛

酒粕は、健康を始め、スキンケアやヘアケアなど、美容にも効果があるとして注目を浴びている食品です。

酒粕の健康への効果も様々なものが認められていますが、偏頭痛にも効果があるのかどうかという話を目にすることもあるでしょう。

偏頭痛は、頭痛薬を飲んでもなかなか治らないこともあり、偏頭痛持ちの人は、何とかして偏頭痛を改善することができないかと悩んでいる人も少なくありません。

偏頭痛が始まると仕事が手につかなかったり、睡眠が妨げられるなど辛いものですから、そんな偏頭痛を酒粕で改善することができたら嬉しいですよね。

酒粕が偏頭痛に効果があるのかどうか確かめるために、酒粕と偏頭痛の関係についてみてみましょう。

偏頭痛がするときに酒粕を飲むとどうなる?

偏頭痛がする時には、頭痛薬を飲んでも治らずに辛い思いをすることがあります。

偏頭痛と並行して肩こりなどが始まることもあるでしょう。

そんな時に酒粕を飲むとどうなるのか、気になるところですよね。

偏頭痛がするときに酒粕で甘酒を作って飲んだところ、偏頭痛が軽くなったという人もいます。

酒粕は薬ではなく食品なので、飲んで30分後に偏頭痛が治る、という訳ではありません。

しかし、偏頭痛がする夜に甘酒を作って飲んだところ、次の日の朝には偏頭痛が治っていたということもあるそうなのです。

こうして見てみると、酒粕は偏頭痛にも効果がありそうですね。

酒粕が偏頭痛を直してくれる理由

偏頭痛の原因はストレスだとされています。

そのストレスは、仕事やプライベートでの精神的な悩みを始め、睡眠不足や不規則な生活習慣も関係しています。

身体的なストレスが重なると、体の疲れがたまり、体がストレスを解消できなくなると偏頭痛として表れてしまうのです。

つまり、偏頭痛を感じる際には、ストレスを解消する必要があります。

また、ストレスを感じると、身体の筋肉や血管が収縮します。

偏頭痛持ちの人の中には、気づいたら肩が上がってしまうという人もいるでしょう。

ストレスを感じると、ついつい身体に力が入ってしまいがちです。

体や血管が収縮すると、血液の流れが悪くなることから肩こりや偏頭痛が生じるのです。

酒粕の効果を見てみると、直接的に偏頭痛に効果があるという情報はあまり見かけませんが、血行を良くしてくれるという効果があることは認められています。

血行をよくしてくれるということは、ストレスにより収縮した血管にも働きかけ、正常な血液の流れを促してくれます。

血液の流れがスムーズに行われることにより、身体がリラックスして、肩こりや偏頭痛が改善されていくのです。

就寝前の甘酒が効果的

酒粕を使って偏頭痛を改善するためには、寝る前の甘酒がオススメです。

酒粕には、体を温めてくれる効果があることから、寝る前に甘酒を作って飲むことにより、冷え性が改善されて深い眠りへと導いてくれます。

熟睡することは疲労回復にも効果があり、ぐっすり眠って身体を休めることにより、身体的なストレスを改善できます。

就寝前に甘酒を飲むと、眠っている間に疲労回復すると同時に、血液の流れもよくしてくれることから、気持ちよい朝を迎えることができ、偏頭痛も消えていることが多いのです。

ただし、疲労の度合いによっては、一晩熟睡しただけでは偏頭痛が改善されないことがあります。

一晩の熟睡で疲労回復されない場合には、かなりの疲労が蓄積されていることが予想されます。

健康な身体を維持するためにも、偏頭痛が治らない時は、心配事などの精神的なストレスを改善するとともに、身体を休めることも忘れないようにしましょう。

偏頭痛は過労のサイン

偏頭痛は、仕事や家事、子育てなど、日常生活の中からくるストレスが原因となっている事があります。

毎日の生活の中で、ついつい仕事や子育て、家事を優先してしまい、自分の身体を休めるのを忘れていませんか。

仕事や家事、子育てをこなせるのは、健康な身体があってこそです。

偏頭痛が始まる前に身体を休めるのが理想ですが、偏頭痛が始まってしまったら身体が疲労しているサインだということに気づき、身体を休めるようにしましょう。

早めの対応が、偏頭痛を悪化させないポイントになることもあります。

偏頭痛は冷えのぼせの後に来ることもある

偏頭痛に悩んでいる人の中には、冷えのぼせをすると、その後に偏頭痛がやってくるという人も多くいます。

冷えのぼせとは、手足は冷たいのに顔や額がのぼせて熱く感じる症状のことです。

脳の中にある血管が膨張すると、脳内にある他の血管や細胞が圧迫されます。

その結果、偏頭痛の痛みとして感じたりするのです。

そのため、冷えのぼせを感じた後に痛みを感じ、偏頭痛が始まってしまいます。

こういった偏頭痛を改善するためには、脳内の血管の膨張を予防し、冷えのぼせを予防する必要があるのです。

偏頭痛改善のポイントは血管の流れ

こうしてみてみると、偏頭痛の原因がストレスや血管の膨張、血液の流れの悪循環などが深く関係していることが分かります。

つまり、偏頭痛を予防または改善するためには、こういった偏頭痛の原因を取り除く必要があるのです。

最近、健康や美容に効果があるとして注目されている酒粕には、血行促進効果があります。血液の流れをよくすることにより、膨張しがちな血管を落ち着かせ、偏頭痛の原因となる冷えのぼせも予防することができるのです。

酒粕は甘酒だけでなく、おつまみやおやつを作るのに使ったり、煮込み料理にも活用することができます。

疲労回復には、栄養バランスのとれた食事と休養を欠かすことができません。

酒粕があれば、料理に取り込むことで疲労回復に必要な栄養素を吸収し、さらには甘酒として飲んでリラックスしながら冷えがちな身体を温めることもできます。

身体が温まると、リラックスできるだけでなく、不眠も解消され、一石二鳥なのです。

質の良い睡眠は、疲労回復やストレス解消はもちろんのこと、美容にも欠かすことができません。

血液の流れが良くなると、身体に必要な栄養もしっかりと届けられるようになります。

必要な栄養が体に吸収されることも、身体的なストレスを回避し、偏頭痛の予防にもつながるのです。

スポンサードリンク




酒粕コラーゲンゼリー 口コミ

日本酒生まれのコラーゲンゼリーについてもっと詳しく

もっと詳しく

スポンサードリンク







おすすめ記事

-酒粕
-

Copyright© 酒粕美容.com , 2018 All Rights Reserved.