酒粕は免疫力を高める効果が期待できる?







当サイトお勧めの酒粕商品です!

美容にも健康にも良い酒粕を、酒粕の美容商品をAmazonや楽天で購入出来ます。

酒麹
どうも体調が最近すぐれない、ちょっとしたことで風邪をひきやすくなるなどの体の悩みを抱えている人はいませんか?それはもしかすると、免疫力の低下が原因かもしれません。過剰にストレスを抱えていたり、不規則な生活を送っていたりすると免疫力が低下します。すると、風邪をひきやすくなる、疲れがなかなか取れないなどの症状が現れやすくなりますので要注意です。

免疫力を高め、健康な体を手に入れるためには、必要な栄養分をしっかり補給することが大事です。そこで、免疫力を高めるものとして注目を集めている食材の一つに、酒粕があります。酒粕には、いろいろな栄養素がバランスよく含まれています。

酒粕が免疫力を高める理由は?

酒粕がなぜ免疫力を高めるのか、その理由としてまずタンパク質やアミノ酸が豊富に含まれていることが挙げられます。タンパク質とアミノ酸には、体の代謝を促進して、筋肉や皮膚、内臓などの体の原料となる重要な役割があります。タンパク質やアミノ酸をたくさん摂取することで、体を次々と新しい物に作り替え、代謝力を高められます。

また、タンパク質やアミノ酸には、新鮮な血液を作るのに欠かせない栄養分という働きもあります。細菌やウイルスが侵入してきたときには、血液中の白血球が撃退してくれます。新鮮な血液がどんどん作られれば、白血球の働きも活性化します。その結果、免疫力を高めることにつながり、今までよりも風邪の引きにくい健康な体に変身できる可能性が高いのです。

アトピーや花粉症をはじめとして、アレルギーに悩まされている人は多いです。アレルギー症状がなぜ起きるのか、これも免疫システムが密接に関係しています。異物が体内に入ってきた場合、タンパク質で抗体と呼ばれる抵抗できる物質を作りますが、そのほかにも白血球を増やすことで異物を退治します。ところが、アレルギー体質の方は、本来体に悪影響を及ぼすことのない異物に対して、免疫システムが過剰に反応してしまい、症状が出てしまいます。

アレルギーの中でも代表的な症状として、アトピーと花粉症があります。この両者は、カテプシンBと呼ばれる酵素によって免疫グロブリンが作られます。この免疫グロブリンがアレルギー症状の原因と考えられています。酒粕には、この免疫グロブリンを作るカテプシンBの働きを妨げる物質が含まれていることがわかっています。ですから、酒粕を摂取することで、適切な状態で免疫力を高める効果があるとみられています。アレルギー体質で症状を改善したければ、酒粕を定期的に摂取し、免疫力を高めることも一つの対処法です。

免疫力を高める酒粕レシピを紹介

酒粕が免疫力を高める効果を期待できることがお分かりになったでしょう。では、具体的にどのようにして酒粕を摂取すればいいでしょうか。まず、日本の伝統的な食事で有名な粕汁があります。粕汁には酒粕のほかにも、肉や魚、野菜がたくさん含まれています。必要な栄養分をバランスよく配合されています。しかも粕汁の場合、味噌も使って調理します。味噌は日本を代表する発酵食品です。発酵食品には腸内環境を整える役割もあります。腸内に善玉菌がたくさん棲みつき、腸内環境をよくすると免疫力を高められるといいますから、この面でも風邪をひきにくい健康な体を手に入れるためにプラスといえます。

出汁を用意して、野菜類を食べやすい大きさにカットします。そして出汁の中にカットした野菜を入れて煮込んでいきます。今度は酒粕や味噌、出汁を少し、すり鉢もしくはボウルの中に入れて溶かして、出汁に戻します。この時、そのまま酒粕を溶かそうとしても、なかなかスムーズにならないかもしれません。その場合、電子レンジを使って酒粕を温めるといいでしょう。醤油などを加えて、味を調えていけば出来上がりです。野菜については、別に何を入れても構いません。冷蔵庫の中に残り物の野菜が余っていれば、これを入れてしまってもいいでしょう。

また、酒粕スープを食べてみると良いです。カボチャや大根などの野菜を用意しましょう。そして一口大にカットして、小松菜を使うのであればさっとゆでてしまい、干しシイタケを使用する場合には水でもどして薄切りにして下ごしらえをします。干しシイタケを使って作るのであれば、戻した汁はとっておくことをお勧めします。

鍋の中にだし汁と干しシイタケの戻し汁、酒粕を入れてひと煮たちさせます。煮立ったところで弱火にし、野菜を入れてコトコト煮込みます。大体このままの状態で2~3分経過したところで、白みそや豆乳、塩などを入れて味の調整を行います。そして、一通りかきまぜたところで火を止めます。

豆乳については、臭いが苦手という人もいるでしょう。その場合には豆乳を入れないという方法もあります。豆乳の臭い消しとして、しょうが汁を入れてみる、お酢を入れてみるというのも効果的です。このように酒粕を使ったレシピはいろいろとあります。バリエーションを増やしていけば、毎日酒粕を食べる生活でも味に飽きることはないでしょう。

酒粕を食べる生活で健康的に過ごそう

日本は近年、異常気象に見舞われることが結構あります。夏場は猛暑になることは多いですし、冬場は北国のような豪雪地帯以外でも大量に雪が降ることも見られます。また、1日の間で10度前後、気温が上下することも決して珍しいことではなくなってきました。このような中で、体調を維持し続けるのは決して簡単なことではありません。

最近、風邪をひきやすくなった、体が弱くなったというのであれば、免疫力がダウンしているかもしれません。酒粕は栄養バランスが取れていますので、免疫力を高めるのに適しています。仕事が忙しいといって、外食やコンビニなどの弁当で食事を済ませがちな人も多いでしょう。このような人の場合、酒粕スープや粕汁を一つアレンジするだけで、栄養バランスが整ってきます。酒粕スープや粕汁もそれほど調理の難しい物ではないので、野菜をカットして出汁などを入れれば作れ、お手軽です。

まとまった休みの時などを利用してスープを作って、普段の食事の時に一品加えてみるのはいかがですか?







当サイトお勧めの酒粕商品です!

美容にも健康にも良い酒粕を、酒粕の美容商品をAmazonや楽天で購入出来ます。