酒粕、甘酒などを使った美容に関するお役立ちサイト

酒粕美容.com

スポンサードリンク







酒粕

酒粕には葉酸が多く含まれている?効能は?

更新日:

妊娠
高齢化社会が進んでいて、それに伴い健康志向も高まりつつあります。

皆さんの中でも、健康にいい食べ物があれば意識して摂取してみようと考える人もいるはずです。

健康にいい食材として、いろいろな物がテレビなどのメディアで紹介されています。

その中でも特に高く注目を集めている食材の中の一つに、「酒粕」があります。

酒粕の中には、私たちの健康・美容に効果の期待できる栄養分が豊富で、バランスよく配合されています。

酒粕に含まれる栄養分はいろいろとありますが、中でも葉酸の力は決して無視できません。

葉酸は特に、妊活・妊娠中の女性は摂取すべき栄養分です。

妊娠中に酒粕を摂取するといい葉酸の効能

なぜ酒粕を妊娠中に摂取したほうがいいか。それは葉酸の持つ効能に関係しています。

出産をするにあたって、やはり健康な赤ちゃんを産みたいと思うはずです。

出産する際のリスクとして、子供が先天的な病を抱えるケースがあります。

そのような先天的疾患として代表的なものの一つに、ダウン症が挙げられます。

ダウン症は染色体に何らかの異常が起きることで発症すると考えられています。

葉酸の効能として、染色体の健全な合成が挙げられます。

この葉酸が不足すると、染色体異常が起こりやすく、ダウン症の発症リスクも高まります。

ダウン症と葉酸の関係ですが、海外ではすでに研究が進められています。

その結果の中の一つに、葉酸を必要十分摂取していれば、生まれる赤ちゃんのダウン症の発症リスクは70%も軽減できるというデータも見られます。

また、他にも胎児の先天異常には、神経管閉鎖障害もあります。

神経管閉鎖障害が起きると、神経組織に何らかの異常をもたらします。

具体的には多動症や下肢の運動障害、膀胱機能障害、さらには致命的な無脳症になってしまう恐れもあります。

この神経管閉鎖障害のリスクを軽減するためには、葉酸を十分摂取したほうがいいといわれています。

妊娠を希望して妊活を実施している人もいるでしょう。なかなか妊娠しなくて悩んでいるのであれば、酒粕を食べて葉酸を摂取するといいです。

妊娠するためには受精はもちろんのこと、受精卵が着床しなければなりません。

実は葉酸の効能として、この着床をしやすくする働きもあります。

卵子は精子と受精すると、その時点で細胞分裂を活発に繰り返します。葉酸はこの細胞分裂をサポートする働きがあるといわれています。

そして子宮内膜の環境を改善する効能もあるといわれていて、受精卵の着床を進めてくれます。

受精卵を適切に細胞分裂させ、なおかつ着床しやすくするので、妊娠の確率もアップします。

妊娠すると女性の多くが悩まされることとして、「つわり」があります。

食べ物を受け付けなくなる、味が変わってしまうなど、つらい時期になります。

酒粕に含まれている葉酸の効能として、このつわりの症状を軽減させる働きがあるといわれています。

そもそも妊娠初期になぜつわりが起きるかというと、自律神経のバランスが妊娠することで崩れてしまうからです。

自律神経のバランスを整えられれば、つわりの症状を軽減できます。

そこで重要なのは葉酸の効能です。

葉酸とビタミンB12を同時に摂取することで、つわりのつらい症状を多少軽減する効能が期待されています。

産後の酒粕に含まれる葉酸の効能

出産した後でも、酒粕を意識して摂取するのがおすすめです。

産後、今度は赤ちゃんに授乳することになるでしょう。

母乳はそもそも血液から作られます。葉酸の効能として、血液の流れをスムーズにする働きがあるといわれています。つまり、産後に酒粕を食べる習慣をつけて、葉酸を十分に摂取していれば母乳の出が良くなって赤ちゃんに必要なときに授乳しやすくなります。

出産してしばらくすると、抜け毛が異常に増えて不安になる女性もたくさんいます。

これは、妊娠中と後でホルモンのバランスが急激に変化したことに原因があります。

妊娠中と比較すると、プロゲステロンの分泌が急激に減少します。

プロゲステロンは女性ホルモンの一種で、髪の毛を抜かせないような影響を与えます。

このプロゲステロンの働きにより、本来抜けるはずだった髪の毛が妊娠中はずっと抜けません。

それが出産後プロゲステロンの量が少なくなって、一気に抜け毛が増えてしまうのです。

その他にも、授乳で栄養分が赤ちゃんにどんどん取られることも、抜け毛の原因の一つといわれています。しかし、これはあくまでも一時的な現象で、数か月もすれば元通りにおさまってくるはずです。

それでも早めに抜け毛の症状を抑えたければ、酒粕を飲んで葉酸を摂取することです。

髪の毛はケラチンというタンパク質の一種が原料となっているのですが、タンパク質を作るためには葉酸が欠かせません。

産後しばらくの間、妊娠前と比較すると体が思うように動かないこともあるでしょう。

これは出産前後で血液量が急激に変化したので、血液不足になっていることが原因です。そのような場合でも酒粕を飲むのがおすすめです。

酒粕に含まれる葉酸の効能として、不足している血液を作り、体力を回復させる作用が期待できます。

女性にとって欠かせない栄養分・酒粕

このように、酒粕は妊活しようと思っている女性から赤ちゃんを産んだ女の人まで、必要不可欠な栄養分です。

自分の健康を維持することはもちろんのこと、元気な赤ちゃんを産むためにも欠かせない成分なのです。

酒粕の中には100g当たり170μgの葉酸が含まれています。葉酸の含まれている食材は、他にも日本茶やパセリ、レバーなどもあります。

しかし、酒粕の場合、葉酸のほかにも食物繊維やビタミンB群、亜鉛などの栄養分も豊富に含まれているので、女性の健康を維持するためにおすすめの食材といえます。

妊娠前後のほかにも、糖尿病や高血圧、がんに対して一定の効能が期待できると、酒造メーカーや行政関係のサイトでも公表しています。

参考:酒粕の高度利用技術に関する調査研究

酒粕は、お湯に溶かして砂糖を入れて甘酒のようにして摂取すると良いです。

これならつわりで食べ物を受け付けない状態でも、毎日飲めるのではないでしょうか。

アルコールが多少含まれる酒粕の場合、もともとお酒に弱い人はあまり一度に大量摂取するのは避けた方がいいですが、おすすめの食材であることは確かです。

スポンサードリンク




酒粕コラーゲンゼリー 口コミ

日本酒生まれのコラーゲンゼリーについてもっと詳しく

もっと詳しく

スポンサードリンク







おすすめ記事

-酒粕
-

Copyright© 酒粕美容.com , 2018 All Rights Reserved.