酒粕には喘息症状を緩和する働きがあるって本当?







当サイトお勧めの酒粕商品です!

美容にも健康にも良い酒粕を、酒粕の美容商品をAmazonや楽天で購入出来ます。

喘息
酒粕にはいくつもの栄養素がたっぷり詰まっており、体を健康にする作用をもたらす食品として話題となっています。便秘解消やダイエットなどの効果がクローズアップされがちですが、実は喘息にも有効的だということですが本当でしょうか?

酒粕が喘息に効果的と言われる理由を知って、上手に取り入れていきたいですね。

喘息発症のメカニズムを知ろう

喘息というと激しく咳き込んで、咳が止まらず呼吸が苦しくなるというイメージの呼吸器系の疾患です。喘息の人の気道は普段から炎症を起こして狭くなっており、空気が通りにく状態にあります。気道は外からの刺激にも敏感なので、ホコリやタバコの煙などの強い臭いが気道内に入ってくると、刺激を受けて更に気道が狭くなり、平滑筋という気道の外側の筋肉も縮みます。

痰などの分泌物も出てきて呼吸が更に苦しくなり、呼吸時に喉の奥がヒューヒュー、セーゼーと音がしたり、咳き込みも強く続きます。特に空気が乾燥してのどかかさつきやすい夜や早朝、気温差が大きい日、天候が変わりやすい日に起こりやすいと言われています。

喘息の発作を起こす原因としては、タバコの煙やホコリ、薬や疲労、風邪以外にもダニやペットの毛、花粉やカビなどのアレルゲンも含まれます。

酒粕には喘息症状を緩和する効果が期待できる

通常体内にダニや花粉などのアレルギーを引き起こす原因物資、アレルゲンが侵入するとリンパ球ではアレルゲンに対抗するための抗体を作って撃退します。一度抗体ができると、その後再びアレルゲンが体内に侵入しても抗体が外敵とみなして排除してくれます。しかし本来は、体をアレルゲンから守る抗体システムですが、これが過剰に反応してしまうことで引き起こされるのがアレルギー症状です。

アレルギーを引き起こすのは、カテプシンB酵素によってつくられる免疫グロブリンというたんぱく質です。アレルゲンを体内で察知すると、アレルゲンの種類に応じて違った種類の免疫グロブリンが放出され、血管を収縮させて粘膜を過敏するヒスタミンなどの化学伝達物質が放出されます。その結果、皮膚のかゆみやくしゃみ、鼻水や咳などの花粉症やアトピー性皮膚炎の症状が引き起こされます。

一方酒粕には、アレルゲン症状を和らげるカテプシンBという酵素の働きを阻害する物質が含まれていることが、月桂冠総合研究所の研究により発見されました。カテプシンBの働きがシャットアウトされることで、免疫グロブリンも作られなくなるため、アレルゲンが侵入しても抗体システムが過敏に反応することもなくなります。その結果花粉症やアトピー性皮膚炎などの症状が緩和されると考えられています。

アレルゲンは喘息を引き起こす原因物質の一つであり、体がアレルゲンに過敏に反応することにより、咳き込みや呼吸困難といった症状が現れます。そのため、アレルギー反応が抑えられる物資を含む酒粕を摂取するは、喘息の症状の緩和にもつながると言えるのです。

喘息にもある程度の効果が期待できる酒粕ですが、喘息の重症度には個人差があるので一概には言えません。しかし、アレルギー症状に緩和効果が高く、実際に酒粕を摂取した人からも、鼻水やくしゃみ、咳き込みなどのアレルギー症状が和らいだという声もあるため、効果は期待できそうですね。

喘息に効果的は酒粕の取り入れ方

酒粕はアレルギー症状を抑える物質が含まれていることにより、喘息にもある程度の効果があることが分かったので、たくさん食べればそれだけ症状も緩和されるのでは?と思われがちです。しかし、酒粕には100gあたり約8.2gものアルコールが含まれており、アルコール度数も5%前後と高めなので食べ過ぎると酔っぱらってしまう可能性があります。

また100gあたり約227㎉とややカロリーも高めなので、多く摂取するとカロリー過多になって太る人もいます。そのため、酒粕を健康的に取り入れるためには1日50gを目安に、多くても100g位までにしておくことが大事です。更に酒粕を加熱しすぎると、含まれる酵素が熱によって壊されてしまうのでなるべく加熱は必要最小限に留めておくようにしましょう。

喘息に効く酒粕を使ったレシピ

酒粕を使った料理や飲み物のレパートリーは豊富ですが、一番メジャーで摂取しやすいものと言えばやはり甘酒です。温めても冷たいままでも美味しく飲めるし、最近ではコンビニやスーパーなどでも手軽に購入できます。しかし、市販のものは砂糖が多いなど味の調整ができないので、手作りしたほうが自分好みの味に仕上がります。材料は酒粕100gに水600g、砂糖はお好みですが50gにショウガを一かけら準備します。

板状の酒粕の場合は小さくちぎってから味噌コシなどを使って、水の中へ潰しながら溶かしていきます。ちぎるのが大変な場合は、一晩水に漬けておくとふやけて柔らかくなります。その後火にかけて沸騰させ、砂糖をとかしたら火を止めておろしたショウガを混ぜれば出来上がりです。甘さ控えめにしたい場合は、入れる砂糖の量を減らしたり、砂糖に変わってオリゴ糖やはちみつを入れてもマイルドな味わいになります。甘酒と同量の豆乳で割って豆乳甘酒にしたり、そこへバナナを2分の1本とレモン汁を少々いれると、甘くてフルーティーなバナナ甘酒スムージーができあがります。

また酒粕とクリームチーズを使ったディップもコクがあり、色々なものとの相性もよく、作っておくと便利です。材料は酒粕30gにクリームチーズ25g、グラニュー糖5gを準備します。作り方は、材料を全部ボウルに入れて酒粕とクリームチーズをしっかり混ぜ合わせてペースト状にし、グラニュー糖のざらざら感がなくなれば完成です。クラッカーやフランスパン、キュウリや人参、大根などの野菜スティックとの相性も抜群なのでつけて試してみましょう。

酒粕を上手に生活に取り入れて喘息改善を目指そう

酒粕は甘酒やディップなど様々な食べ方、飲み方があるので工夫次第では飽きないで毎日少しずつ生活に取り入れられそうです。食べる量や外出前などの食べるタイミングには注意しながら、毎日少しずつ酒粕を摂取して喘息を健康的に改善できるように工夫してみましょう。







当サイトお勧めの酒粕商品です!

美容にも健康にも良い酒粕を、酒粕の美容商品をAmazonや楽天で購入出来ます。