酒粕を使った簡単で無理のないダイエット方法教えます!







当サイトお勧めの酒粕商品です!

美容にも健康にも良い酒粕を、酒粕の美容商品をAmazonや楽天で購入出来ます。

デブ

酒粕を食べるとダイエット効果があると話題になっています。しかし、どのようにダイエットに取り入れたらよいか分からないという人も多いでしょう。酒粕がもつダイエット効果につながる優れた作用と、おすすめの酒粕を使ったダイエット方法について知り、美味しく無理なくダイエットできるとうれしいですね。

酒粕にダイエット効果があるのはなぜ?

酒粕には体に良い栄養素がたくさん含まれており、その中には脂肪や糖質を分解したり、ダイエットの敵である便秘を解消する作用のある成分が含有しています。まず、酒粕に含まれるビタミンB群には、食べ物に含まれている糖質や脂質を分解してエネルギーに変えて、代謝を高める作用があります。そのため、脂質などを含む食べ物を摂取しても、体内で脂肪になりにくいため、ダイエット効果が期待できます。更に、タンパク質の一種であるレジスタントプロテインという栄養素には、通常なら体内のタンパク質は消化酵素により分解されてアミノ酸に変化しますが、この消化酵素に影響を受けない性質があります。

そのため、レジスタントプロテインがそのまま腸内へ吸収されて、脂肪やコレステロールに吸着して体外に便として排出されていきます。便のカサが増す上に、脂肪で便が柔らかくなるのでお通じがスムーズになります。しかも、便と一緒に脂肪が排出されるので、体内での蓄積を防ぐことができるというわけです。また、レジスタントプロテインは水溶性食物繊維と同様に働きがあり、酒粕には不溶性食物繊維も多く含まれるため、2つの食物繊維のダブル効果が、より一層便秘改善効果が高まるとされています。

酒粕を使ったダイエット法とは?

酒粕にはダイエットに良いとされる作用がいくつもあるので、酒粕を使ってのダイエットは高い効果が期待されます。しかし、酒粕は100gあたり約227㎉とややカロリーが高く、アルコール度数も約2~6%もあるため、いくら栄養価が高くダイエット効果を得たいからといって大量に食べるのは逆効果です。また、酒粕は脂質などを分解する作用があるので、食事と一緒に取り入れるのがおすすめです。大体1日50gを目安にして、3食で分けて食べたり、1食でまとめて食べるなど自分の好みで工夫してみましょう。

ただ、加熱すれば少しは飛びますがそれでもアルコールが含まれているので、外出したり車の運転をする予定がある時は摂取を控えたほうがよいでしょう。その場合は、食後は寝るだけという夕食時に1日分を摂取しましょう。酒粕はイソフラボンと一緒に摂取すると相乗効果が期待できるので、イソフラボンを含む納豆などの大豆製品と一緒に摂ると効果的です。アルコール分は飛ばせますが、加熱しすぎると酒粕に含まれる酵素が破壊されてしまうので、できるだけ加熱は最小限に抑えることが大事です。

おすすめの酒粕を使ったダイエットレシピ

酒粕を使った料理でおすすめなのが、簡単に作れて野菜もたっぷりとれる粕汁です。

材料は豚汁と同じような具材で、大根と人参を3分の1本、ごぼう4分の1本、こんにゃく1袋、しめじ半袋、豚肉150gとネギ適量、出汁の素大さじ1、合わせみそ大さじ3、しょう油大さじ半分、水1200㏄に酒粕が80gです。この分量で大体3人前位はできるので、一人暮らしの方なら残った分を冷蔵庫で保存して早めに食べきりましょう。

人参と大根はいちょう切りにし、ごぼうはささがきにし、豚肉とこんにゃくは食べやすいように一口サイズに切ります。そして鍋に水を入れて火にかけ、沸騰したらほんだしとこんにゃくとねぎ以外の具材を入れてしばらく煮ます。そしてこんにゃくを入れて、浮いてきたアクをお玉でとりましょう。少しにたら 弱火にして味噌と塩、しょうゆを入れて、酒粕を味噌コシに入れて溶かしたら、ネギを散らして出来上がりです。酒粕はできるだけ加熱しないように最後に入れるのもポイントです。

また、酒粕を使って粕床を作っておくと、野菜や魚、肉なども付け込んで焼いたり蒸したりするだけなので簡単な上に美味しいのでおすすめです。粕床は酒粕600gに味噌大さじ4、砂糖大さじ3、みりん大さじ6、水大さじ2、生姜のスライス一かけら分、種を取った赤唐辛子1本を準備します。ボールに板状の酒粕なら小さめにちぎって味噌と砂糖、みりんを入れてそのままレンジで3分程加熱したら、水を加えて酒粕を潰して良く混ぜます。そこへ生姜と赤唐辛子を加えて混ぜると粕床に完成です。ショウガと赤唐辛子には体を温め、発汗を促す作用もあるのでダイエットにも向いています。

粕床は半量位をタッパーにとり、タラやサケなどの切り身を準備して塩を振り、出てきた水気をクッキングペーパーで拭き取り、一切れずクッキングペーパーで包んでから粕床に入れて上からももう半量の粕床を被せ、蓋をしてから冷蔵庫のそのまま3日程寝かせます。付け込んだ魚を取り出し、ホイル焼きしましょう。豚肉や鶏肉、イカなども粕床につけてからフライパンで焼くと美味しい一品に仕上がります。また、酒粕を潰して卵焼きにいれたり、酒粕大さじ1、砂糖大さじ半分を混ぜたものに、塩を振ったなすやキュウリを混ぜて軽くもんでつくる酒粕漬物なども食事に上手に取り入れてみましょう。

更に、ダイエット中といってもおやつが恋しくなる時がありますよね。そんな時は、ホットケーキミックスを使った揚げない、ヘルシーな酒粕ドーナツがおすすめです。ホットケーキミックス半カップに砂糖大さじ2、酒粕25g、牛乳大さじ4を準備します。牛乳に小さくちぎった酒粕を入れて、レンジで1分加熱します。酒粕をしっかり潰してからボウルにホットケーキミックス、砂糖を入れてそこへ投入しよく混ぜ合わせます。ドーナツ型に薄くサラダ油を塗って流しいれ、レンジで1分半ほど加熱したら出来上がりです。酒粕の風味としっとり感が癖になる美味しさです。

酒粕を上手に取り入れてダイエットを目指そう

酒粕にはダイエット効果が期待できる様々な作用があるので、食べ過ぎに注意しながら上手に食事に取り入れてみましょう。普段食べ慣れないですが、酒粕を使った料理のレパートリーも多いため、自分で色々作ってみて、作りやすくて食べやすいものを見つけてみましょう。







当サイトお勧めの酒粕商品です!

美容にも健康にも良い酒粕を、酒粕の美容商品をAmazonや楽天で購入出来ます。