酒粕を使ったおすすめ豚汁レシピ







当サイトお勧めの酒粕商品です!

美容にも健康にも良い酒粕を、酒粕の美容商品をAmazonや楽天で購入出来ます。

酒粕豚汁

酒粕とは、日本酒などを作る際、もろみを圧搾すると残る白い固形物のことで、あまり一般的に実物を見たことのある人は少ないかもしれませんね。酒粕はこれまで酒を作る際のいわば「残りかす」のようなものでしたが、最近ではその栄養価の高さから、美容アイテムに多々使われたり、美容や健康の為に食事に取り入れる人が増えてきています。

そこで今回は、食事への酒粕を取り入れることのメリットと、酒粕を使った簡単で栄養たっぷりのぶた汁のレシピをご紹介していきましょう。

酒粕はぶた汁のような汁物レシピで簡単に取り入れられる!

酒粕が健康や美容に良いことは知っていても、食生活に取り入れにくいと感じたことのある人も多いでしょう。しかし、実は汁物レシピなら、簡単に取り入れられるのです。ぶた汁のような汁物レシピでは、味の調整が比較的簡単にできる利点があります。ですから、ぶた汁はもちろんですが、お味噌汁などに酒粕を入れて食生活に取り入れるのも良いでしょう。さらに汁物であれば酒粕を気軽に摂取できるのはもちろん、あまり加熱しすぎることなく摂取できます。

酒粕を使ったレシピが健康や美容にいいと言われますが、実はその栄養素のいくつかは熱に弱く、加熱することで栄養素が壊れてしまう可能性があります。そうなると、せっかく健康や美容にいいと思って摂取していても、酒粕による良い効果が減少してしまう可能性があるということです。しかし、かと言ってあまり加熱せずに食べるのはなかなか難しい味ですよね。

汁ものであれば、汁ものを煮立たせた後で、もみほぐしておいた酒粕を足して混ぜるくらいでいいので、加熱をしっかりしない分、熱による栄養素の破壊を防ぐことができます。このように取り入れられるので、酒粕は汁物で取り入れるのがオススメです。

酒粕を使った簡単で栄養たっぷりぶた汁レシピ!

では早速酒粕を使ったぶた汁のレシピを紹介しましょう。

必要な材料は、

  • 酒粕
  • お湯
  • 里芋
  • 大根
  • 人参
  • 長ネギ
  • 豚肉切り落とし
  • だし汁
  • 味噌

です。

まず酒粕そのままだと混ぜにくいので、湯1/2カップに浸して軽くもみほぐします。

ぶた汁の主役野菜である里芋は、皮をむいて一口大に切ります。

そして、ぬめりをとるために塩をまぶしてもみ、その後水で洗い流します。さらに熱湯で下茹でして、ザルにあげておきます。

大根とにんじんも欠かせませんよね!大根とにんじんは皮をむいて一口大の乱切りにしていきます。

長ネギも小口切りにして食べやすく切り、豚肉は切り落としのような柔らかいものを選んで、食べやすい程度に切っていきます。

早速鍋で煮込んでいきましょう。まずは鍋にだし汁を入れ、手でほぐしておいた酒粕を1/3ほど入れて混ぜます。

その後大根・にんじん・豚肉を入れて約10分ほど煮込みます。

10分ほど煮込んだら、今度は里芋を加えてさらに7~8分ほど煮込み、全体的に火が通り柔らかくなったら、豆腐の角切りを加えて、残っていた2/3の酒粕と味噌を加えて混ぜ、一煮立ちさせます。

火を切ったら器に盛りつけ、その後長ネギを散らし、完成です。

長ネギが少ししんなりしたほうが良い場合は、一煮立ちした後でいれてもいいでしょう。

酒粕のぶた汁で期待できる健康・美容効果は?

酒粕で作るぶた汁を定期的に飲むことで、期待できる健康・美容効果はたくさんあります。ぶた汁に酒粕をプラスすることで健康や美容にうれしい効果が期待できるのです。その大きなうれしい効果を6点でご紹介しましょう。

まず1点目の嬉しい効果は糖尿病・肥満の予防効果です。酒粕にはインスリンに似た働きをする物質が含まれることが大学の研究によって発表されています。糖尿病は、まさしくこの体内から分泌されるインスリンが減少し、血糖が体内に吸収されなくなって尿として出てしまう病気です。ですから、糖尿病を予防する為に、インスリンの働きを助ける目的で酒粕を食生活に取り入れるのもとても有効なのです。さらに酒粕にはαアミラーゼの働きを抑制する働きをする栄養素も含まれています。これによりαアミラーゼの働きを抑制することは、食べたものから血糖を作る働きを抑制することにつながるので、肥満予防にもなるのです。

2点目はガン予防効果です。酒粕にはリンパ球の働きを強める効果があり、毎日できるがん細胞をやっつける自己免疫機能を高めます。これにより、がん細胞が増殖するのを防ぐことができるのです。

3点目は美白効果です。酒粕にはチロシナーゼの働きを抑制する遊離リノール酸という物質がたくさん含まれています。メラニンが肌に定着する工程では、チロシナーゼという酵素の働きが欠かせません。そのチロシナーゼの働きを抑制することでメラニンが作られること自体を抑制するので美白効果が期待されます。

4点目は心筋梗塞や脳溢血予防です。酒粕には研究により6種類のペプチドが含まれることがわかり、そのペプチドが血圧を下げる効果が期待できます。これにより、血圧が高まることで懸念される心筋梗塞や脳溢血などの病気を予防することになるのです。

5点目はアレルギー体質の改善です。酒粕にはカテプシンBの働きを抑える働きのある物質が存在することが研究でわかってきました。アレルギー症状は、酵素であるカテプシンBが免疫グロブリンによって引き起こされるとわかっています。ですから、酒粕がカテプシンBの働きを阻害することでアレルギー体質を改善できるわけですね。

6点目はアルツハイマー型認知症や、老年性痴呆症の予防になることです。酒粕にはプロリルエンドペプチターゼの働きを阻害する働きのある物質が含まれるとわかっています。大脳の働きに関与しているパソプレッシンはプロリルエンドペプチターゼによって分解されてしまいますが、そのバランスが正常時には保たれているのです。しかし何らかの原因でパソプレッシンがプロリルエンドペプチターゼに異常に分解されて失われると、認知症などを引き起こすと言われています。そのプロリルエンドペプチターゼの働きを阻害する働きのある物質が含まれる酒粕は認知症などの予防になると期待されています。

簡単に作れる「酒粕」レシピで定期的に取り入れよう! まとめ

これまで酒粕を食事に取り入れたくても、「どうやって使ったらいいの?」と迷われていた方も、ぶた汁レシピなら簡単に取り入れられそうですね。栄養価が高く美容・健康に良いとされる酒粕を食事に定期的にレシピに取り入れましょう。







当サイトお勧めの酒粕商品です!

美容にも健康にも良い酒粕を、酒粕の美容商品をAmazonや楽天で購入出来ます。