酒粕パックが合わない人もいる?いない?







当サイトお勧めの酒粕商品です!

美容にも健康にも良い酒粕を、酒粕の美容商品をAmazonや楽天で購入出来ます。

酒粕パック

日本酒などのもろみ圧搾時に生成される白濁固形物の「酒粕」ですが、その栄養価の高さから、数多くの美容アイテムに使用され、日本人のデリケートな肌との相性もよく、注目を浴びていますね。

そんな酒粕美容アイテムの中には「酒粕パック」もあり、栄養たっぷりの酒粕の良さを活かし、肌に潤いを与えることや、美白効果などが期待できるとして、評判も高いです。日本人の肌には比較的合いやすいとされる酒粕パックですが、中には合わない人もいるようです。

酒粕パックが合わない人もいるの?

どんな食べ物も、アレルギーや好き嫌いで食べられないものもあるように、肌にも好き嫌いがあります。ですから、日本人にはなじみやすいとされる酒粕パックも、合わない人がいるのは事実です。ですから、酒粕パックを行う場合は、まずパッチテストをなるべく皮膚の柔らかいところで行い、事前に自分の肌に合うかをテストしましょう。

酒粕パックには栄養が豊富ですが、その為に皮膚への影響が強く、刺激が比較的強いという特徴もあります。栄養たっぷりのパックの刺激に肌がマッチすれば、スムーズに栄養を肌に取り入れられ、たくさんの効果が期待できますが、肌がマッチしなければ肌荒れなどの原因になってしまいます。また、顔の肌は手や足などの皮膚と違い、とても薄くデリケートです。パッチテストは顔で行うのではなく、なるべく皮膚の比較的強い足の肌や腕などの部分で行うようにしましょう。しばらくしてヒリヒリしたり、赤くなったりするようであれば、使用は控えるほうが良いでしょう。

そして、手作りする場合は酒粕選びも重要です。酒粕によって合う合わないということがありますから、できればいくつかの酒粕を同時にパッチテストするなどして、肌により合うものを選ぶと良いでしょう。

酒粕パックの酒粕成分ではなく「添加物」が合わないのでは?

ただし、合わない理由が本当に酒粕かどうかは確かめる必要があります。酒粕パックの口コミに、「肌に合わなかった」「酒粕パックが使えないなんてショック……」という声も見られますが、実は一度酒粕パックでアレルギー反応が出た人でも、他の酒粕パックなら大丈夫だったというケースは多々あります。その理由は、酒粕にアレルギー反応が出たのではなく、パックの添加物にアレルギー反応を起こした場合であるからです。

酒粕パックと一言に言っても、多種多様に存在します。今や酒粕が美容にいいことはほとんどの人が知っている美容常識ですから、酒粕に注目した酒粕パックもたくさん販売されています。しかし適当に選んでしまうと、実は酒粕パックには肌触りを良くする為などの理由で、醸造アルコールや増粘剤が含まれていることがあります。これらの添加物が含まれていない酒粕や酒粕パックを選ぶことで、肌に本当に良い酒粕パックを選ぶことができます。

使用時間が間違っている?

酒粕パックは朝行うと化粧荒れや日差しによるダメージを受けやすくなるということがわかっています。酒粕がいいと思って、朝や夜にたくさんやりすぎるのもあまりよくありません。使用頻度や使用する時間などを守って、正しい使い方をしていないと、肌荒れなどにつながり、肌に合わないと勘違いしてしまうケースもあります。さらに、酒粕は毛穴を開かせる働きもあり、美容にとってとても良いのですが、それによってその後すぐに化粧などをしいてしまうと、肌がダメージを受けやすくなったり、毛穴に化粧品が詰まりやすくなる場合があります。

なるべく酒粕パックをする場合は、日中などを避け、化粧をする時間帯ではない時に行うようにしましょう。

自分の肌に合った酒粕パックを選ぶポイントは?

自分の肌に合った酒粕パックを選ぶポイントは大きく分けて2点あります。

まず1点目のポイントは添加物の使用されていないものを選ぶことです。酒粕パックでアレルギー反応が出たと思っている人の中には、添加物や別の配合物によってアレルギーが出ていることがあります。せっかく肌にうれしい効果がたくさんの酒粕パックを、勘違いで使えないのは残念ですよね。ですから添加物などをなるべく含まないものを選び、自分の肌に合いやすいものを選びましょう。

2点目はアルコールを含まないものを選ぶことです。アルコールを含む場合、肌触りは良くなるのですが、肌には刺激が強いです。化粧品でも、「アルコール無添加」とわざわざ書かれることがるように、アルコール成分を極力抑えたものもあります。アルコール成分がなるべく低い数値の酒粕・酒粕パックを選ぶようにすると良いでしょう。手作りする場合は、酒粕のアルコールを飛ばしてから作るようにしましょう。

酒粕パックは手作りもできるの?

酒粕パックは手作りしている人がとても多いです。というのも、保存料なしで酒粕パックを作った場合、もちろん要冷蔵ですし、日持ちしません。ですから、酒粕を購入して、自宅で手作りする人も多いのです。作り方も簡単で、酒粕を水で薄めるだけなのですが、できればこの時精製水や天然水などを使い、なるべく水道水は避けると良いでしょう。ただし、水道水でない場合は、手作りした酒粕パックはほとんど日持ちしないので、ビニール袋などに入れて冷蔵庫で保管し、少量ずつ作るようにすると良いでしょう。

どんな酒粕パックも「きちんと選ぶ」ことが肝心! まとめ

どんなに評判の良い酒粕パックでも、自分の肌に合うとは限りません。せっかく酒粕パックを始めるのに、適当にえらんで肌トラブルにつながってはいけないので、まずはきちんと選び、お試しでいくつか試してみながら選ぶようにしましょう。また、酒粕パックを手作りする場合は、酒粕選びも肝心です。どの酒粕を選ぶかは、美容に良い口コミの多い酒粕を選び、なるべく添加物などの入っていないものを選ぶと良いでしょう。

手作りの場合は少量ずつ作ることはもちろん、冷蔵庫での保管を徹底し、その後の使用期間も短期間で使用するように心がけましょう。酒粕が合わないと勘違いしてしまうのはもったいないので、合わないかどうかは添加物などの少ないものを、いくつか比較して合わないかどうかパッチテストして見ると良いでしょう。







当サイトお勧めの酒粕商品です!

美容にも健康にも良い酒粕を、酒粕の美容商品をAmazonや楽天で購入出来ます。