酒粕とおからを使ったお菓子のレシピ2選







当サイトお勧めの酒粕商品です!

美容にも健康にも良い酒粕を、酒粕の美容商品をAmazonや楽天で購入出来ます。

酒粕おからクッキー

女性の間で小腹のすいた時についついお菓子に手が伸びてしまうという人も多いでしょう。しかしお菓子を食べすぎてしまうとカロリーオーバー・太ってしまうのが心配ではありませんか?インターネットをチェックしてみると、甘くて味に満足でき、かつヘルシーなお菓子のレシピが紹介されています。その中でも人気のレシピとして、おからと酒粕を使ったものがあります。

おからも酒粕も栄養価が高くてヘルシー、このため健康や美容の特集の際にしばしば取り上げられる食材です。ここではオススメの、おからと酒粕を使ったお菓子のレシピをいくつか紹介します。

おからと酒粕を使ってケーキを作るレシピ

おからと酒粕を使ってケーキを作るというレシピはしばしば紹介されています。友人や家族など大人数で分け合って食べられますから盛り上がるでしょう。

必要な材料は、

  • 酒粕
  • おから
  • 砂糖
  • 牛乳
  • 油(白ごま油、もしくは、菜種油)
  • ゆず(もしくはレモン汁)
  • 米粉ベーキングソーダ
  • 牛乳(もしくは豆乳)
  • フルーツ

です。

まずはスポンジを作ります。酒粕におから、砂糖、牛乳、卵、油、ゆず、米粉ベーキングソーダを加えて混ぜ合わせます。ちなみに、よりヘルシーなお菓子を作りたければ、牛乳の代わりに豆乳を入れてみると良いでしょう。

油は白ゴマ油もしくは菜種油がオススメです。ゆずが手元になければ、レモン汁で代用することも可能です。

スポンジを作る際には、ていねいに混ぜ合わせることが大事です。ここで手抜きをしてしまうと、ダマになってしまうからです。酒粕をそのまま混ぜるとなかなか混ざらずに苦戦するかもしれません。

少し硬めの酒粕を使うのであれば、電子レンジで前もって温めておくのがオススメです。電子レンジで下ごしらえすると酒粕が温まってほぐれますので、混ぜやすくなるからです。電子レンジを使って30秒程度加熱しただけでも、だいぶ手ごたえが違ってきます。

牛乳・豆乳を入れる時には一気に入れるのではなく、数回に分けて徐々に加えていくのがオススメです。卵は前もって溶きほぐしたものを加えます。

しっかり混ぜ、ダマもなくなったところで型に流していきます。そしてオーブンで焼き上げていきましょう。目安としては160度くらいで30分ほど焼くと熱が中までしっかり通ってきれいに仕上がります。

ほんのりと酒粕の香りが感じられ、いつものケーキとは違った味わいを堪能できます。型を工夫すれば、かわいらしい感じに仕上げることも可能です。

このままで食べても十分おいしいのですが、例えばフルーツなどをくわえると味に深みが増します。フルーツにはビタミンも含まれているので、さらに栄養価も高まりヘルシーです。

 

だいたい1時間もあれば作れるケーキなので、休日を使ってチャレンジしてみるのはいかがでしょうか?原価も100円を切る程度なので、お財布にも優しいスイーツと言えます。酒粕を使う際には、おいしいと評判のお酒からつくった酒粕を使うと、味もよくなります。

酒粕とおからを使ったクッキーのレシピ

酒粕とおからを使った料理レシピはいろいろとネット上で紹介されています。お菓子の場合、上で紹介したケーキの他にはクッキーのレシピも数多く紹介されています。休日などを利用して作り置きをしておくと、小腹のすいた時に手軽に食べられるでしょう。

今回は筆者のおすすめのレシピを紹介します。

必要な材料は、

  • 酒粕
  • 豆乳
  • 生おから
  • きな粉
  • ホットケーキミックス

です。

まず、耐熱容器の中に酒粕と豆乳を加えます。そして電子レンジに入れて柔らかくほぐします。時間の目安ですが、大体30~40秒くらいで様子を見ると良いです。

熱した酒粕と豆乳に、生おからときな粉、ホットケーキミックスを入れて手でこね合わせていきます。この時十分冷ますこと、手の細菌が付着しないように手袋を使ってこねることが大事です。もし手袋が手元になければ、ビニール袋に手を突っ込んで代用する方法もあります。

こね方のイメージとしては、手でまず押しつぶしてくるっと回してまとめる、この作業を何度も繰り返していきます。ハンバーグや餃子の餡を作る時の感じと言ったら分かりやすいでしょうか?

材料が一つにまとまったところで、オーブンを熱しておきます。温度は200度を目安にしましょう。

一方クッキーの生地の方が天板にクッキングシートを敷き、その上に乗せていきます。

こねる時に使った手袋・ビニール袋をその上に乗せて、麺棒を使って伸ばしていきます。

クッキー生地の薄さの目安は2~3mm程度です。焼きムラが極力できないようにするために、均一の薄さになるように丁寧に伸ばしていきましょう。もし手元に麺棒がなければ、手のひらを使って伸ばしていっても構いません。

伸ばした記事を今度は包丁を使って、いわゆる3~4㎝角のクッキーの大きさにカットします。

切れ目を入れたら、今度はフォークなどを使って何か所か生地に穴をあけておきましょう。

穴をあけることで、クッキーの表面積を広げられます。その分熱が芯まで伝わりやすくなるので、短時間でもしっかり焼き上げることが可能となります。クッキー用の型抜きが100円ショップなどでも販売されています。こちらを使ってクッキーの形を作ってからオーブンで熱する方法もあります。

最後にオーブンを使って焼き上げていきます。200度で15分くらいが目安になるでしょう。しかしあくまでも目安なので、時間が来たら様子を見て焼き加減の調整をします。

焼き上がったのであれば、取り出して粗熱を取るために少し冷まします。

こうすることでクッキー特有のサクサクした食感を作り出せます。

クッキングシートから取り外せば出来上がりです。

ダイエット中にオススメのお菓子レシピ

ダイエットしている時に「お菓子を食べると太ってしまう、でも…」という葛藤を抱えたことはないでしょうか?しかし上で紹介した酒粕やおからを使ったお菓子であれば、かなりヘルシーです。カロリー控えめで結構腹持ちもいいのでダイエット特有の空腹感にさいなまれる心配も少なくなります。ダイエット中どうしても空腹が我慢できないときに作ってみるといいです。

おからと酒粕を使ったお菓子のレシピは上で紹介したようなケーキやクッキーが中心です。しかしレシピサイトを見てみると、ユニークでオリジナルなお菓子のレシピもいろいろと紹介されています。休日などを使って、お菓子作りに励んでみるのはいかがですか?







当サイトお勧めの酒粕商品です!

美容にも健康にも良い酒粕を、酒粕の美容商品をAmazonや楽天で購入出来ます。