酒粕、甘酒などを使った美容に関するお役立ちサイト

酒粕美容.com

スポンサードリンク







酒粕料理

酒粕を使ったうどんのレシピ2選

更新日:

うどん
たいていの人が年に何度か風邪をひくでしょう。

風邪を引いた時には普通の食べ物はなかなか喉を通らないでしょう。

風邪を引いた際には消化にいいものを食べた方が良いです。

定番メニューとしては雑炊やおかゆ、そしてうどんをイメージする人も多いでしょう。

レシピサイトなどを見てみると、うどんに酒粕を使ったものがしばしば紹介されています。

酒粕は栄養価が非常に高いと言われています。

ですからお腹に優しく、しかも風邪から回復するために必要な栄養分もしっかり摂取できます。

自分や家族が病気になった時のために、酒粕うどんのレシピについて書いていきます。

野菜たっぷりな酒粕うどんのレシピ

酒粕うどん

酒粕だけでも十分栄養価は高いのですが、そこに野菜を入れることでさらにいろいろな栄養分を摂取できます。お肉だと風邪をひいている時には少し重く感じますが、野菜なら何とか食べられる人も多いでしょう。

野菜たっぷりな酒粕うどん 材料

必要な材料は、

  • ゆでうどん 2たま
  • 水 500cc
  • 濃縮めんつゆ 適量
  • 酒粕 60gくらい
  • ネギ 1/3本
  • にんじん 適量
  • 干し椎茸 2枚
  • しょうが 適量
  • 小松菜 一把
  • 豚肉 適量
  • 三つ葉 適量

です。

ゆでうどん2玉に対して酒粕は60g程度準備しましょう。

野菜は風邪を引いた時に効果が期待できると昔から言われているネギ、ニンジン、シイタケ、小松菜などを用意しましょう。

その時々で冷蔵庫に余っている食材を使ってアレンジをしてもよいでしょう。

野菜たっぷりな酒粕うどん 作り方

<1>干しシイタケを使用する場合には、お湯で戻して下ごしらえをします。

 

<2>そのほかの野菜については一口大に切っておきます。

風邪で寒気がするのであれば、ショウガを千切りにしたものも準備しておくのがオススメです。

ショウガは体を温めてくれる効果があります。風邪をひいて体調を崩しているときには、とにかく体を温めることが大事だからです。

冬場の厳しい寒さの時にもショウガの千切りは有効です。

 

<3>人参やしょうがを炒めて、そこに水とめんつゆを入れてだし汁を作っていきます。炒める時にはごま油を使用すると風味が出てきます。

また水とめんつゆの割合については、人によって濃さの好みは変わってくるでしょう。自分の好きな濃さになるように味見をして調整することです。

 

<4>3に酒粕を入れて溶かしていきましょう。

酒粕にはほとんど含まれていないといっても、多少のアルコールが含まれています。中には全くアルコールを受け付けないという人もいるでしょうから、その場合には時間をかけて煮込んでいってアルコール分を飛ばしましょう。

 

<5>しばらく経過したところで、戻したシイタケや小松菜、ネギなどを入れてひと煮立ちさせます。

 

<6>そして器に盛り付けて、お好みで三つ葉などを乗せて出来上がりです。

ピリッとしたワンポイントを加えたければ、七味を振り掛けてみるのもおススメです。

女性におすすめの酒粕うどんのレシピ

女性の間で近年注目を集めている飲み物に豆乳があります。

豆乳に含まれる大豆イソフラボンが女性ホルモンに似た性質を持っているので、ホルモンバランスを整える・美容対策に効果的と言われているからです。

酒粕レシピを紹介しているサイトの中で、この豆乳を使ったものが紹介されていました。

酒粕には多くの栄養分が含まれています。ミルキーで濃厚でありながら、うどんならではのあっさり風味です。

以下で簡単に紹介しますので、料理のレパートリーに加えてみるのはいかがですか?

女性におすすめの酒粕うどん 材料

酒粕うどん

必要な材料は、

  • 豚肉肩ロース切り落し・・・160g
  • 大根(輪切り3〜4cm分)・・・130g
  • にんじん・・・30g
  • 青ネギ(小口切り)・・・適量
  • 冷凍うどん・・・2玉
  • 豆乳(無調整タイプ)・・・500ml
  • 昆布茶・・・大さじ1
  • しょうゆ・・・小さじ2〜3
  • 酒粕(吟醸タイプ)・・・70〜90g
  • 塩・・・適量
  • 一味or七味・・・適量
  • 焼き用油・・・適量

です。

女性におすすめの酒粕うどん 作り方

<1>まず下ごしらえとして、大根を3~4cm程度の大きさの縦長の棒状にカットしておきます。

人参もだいたい同じくらいの大きさにカットしましょう。

これらを耐熱皿に入れ、水200㏄を加えラップをして電子レンジで温めます。レンジで加熱する時間は、4分40秒から6分くらいを目安にしましょう。

 

<2>一方で豚肉の肩ロース切り落としを炒めましょう。

お肉にちょっと色がついてきたところで、先ほど下ごしらえをした大根とにんじんを加えます。

肉を炒める際には塩を軽く振っておきましょう。

 

<3>また野菜を入れたところで、昆布茶と酒粕をくわえていきます。酒粕が温まっていくにしたがってほぐれてきます。

ここで豆乳を加えていきます。

豆乳が温まったところで、味の調整をするために醤油を加えましょう。醤油は徐々に入れていき、こまめに味見をして自分好みの濃さに調節しましょう。

 

<4>この作業をしている一方で、冷凍うどんをゆでていきます。

冷凍うどんが茹ったところで、湯切りをして器に入れます。そこに具材をかけていく形で仕上げていきましょう。

お好みで小口切りした青ネギをくわえましょう。

これで出来上がりです。

女性におすすめの酒粕うどん ポイント

うどんを食べる時に一味や七味を振りかけるという方も多いでしょう。豆乳酒粕うどんでもこちらをくわえても味が引き締まります。途中で加えることで、味に変化をつけられます。

このレシピでは冷凍うどんを使っています。乾麺でも構わないのですが、冷凍うどんの方が総じてツルツルした食感のものが多いです。

このつるりと口の中に入っていくところ、それなりにしっかりした歯ごたえが酒粕とぴったりマッチすると言われています。

豆乳酒粕うどんを作る際には、冷凍うどんを使った方が良いでしょう。

豆乳や酒粕の癖が苦手という人もいるでしょう。しかしこのレシピではじっくり時間をかけて煮込んでいきますので、臭みなども気にならないはずです。まったりとしていますが、味わい深くハマる人もたくさんいるでしょう。

酒粕うどんは他のレシピも研究して自分好みのものを

このように酒粕うどんでも、人によって若干レシピや加えるものも違ってきます。

いろいろなレシピを参考にして、自分好み・オリジナルのうどんを作ってみるのもいいでしょう。

例えば先に紹介したうどんは、体調のいい時の食事でももちろんおすすめです。

もっとがっつりとお腹にたまるものが良ければ、牛肉を使ったレシピがおススメです。

またお魚を入れることでヘルシーな酒粕うどんを作るアプローチもあります。

お肉や魚を入れるとエキスがスープにしみこみますので、お汁までおいしく召し上がれるでしょう。

半熟卵を最後に入れることで、優しい感じの濃度に仕上げることも可能です。

レシピサイトや個人で運営しているブログで、上記で紹介したもの以外のユニークうどんのレシピも紹介しています。

煮込みうどんのレシピを紹介しているサイトもあります。

煮込みうどんなどは厳しい寒さの冬場に食べるといかにも体の芯から温まりそうです。

スポンサードリンク




酒粕コラーゲンゼリー 口コミ

日本酒生まれのコラーゲンゼリーについてもっと詳しく

もっと詳しく

スポンサードリンク







おすすめ記事

-酒粕料理
-

Copyright© 酒粕美容.com , 2018 All Rights Reserved.