酒粕を使ったサンドウィッチのレシピ2選







当サイトお勧めの酒粕商品です!

美容にも健康にも良い酒粕を、酒粕の美容商品をAmazonや楽天で購入出来ます。

酒粕サンドウィッチ

サンドウィッチは様々な機会に用いられる便利な料理です。朝食や昼食に食べることもあるでしょうし、ピクニックなどに出かけた際のお弁当にサンドウィッチを持っていくという人も多いでしょう。しかしツナサンドや卵サンド、ハムを挟んだものなどどうしても定番のものでいつも同じになってしまって困っているという人も多いでしょう。しかしインターネットを見ると、少しユニークなサンドウィッチのレシピがいろいろと紹介されています。

そこで、ここでは酒粕を使ったサンドウィッチのレシピについて、いくつかピックアップしてみました。酒粕は非常に栄養価が高いとして注目を集めています。ヘルシーなサンドウィッチのレシピを探している人にはお勧めです。

卵サンドウィッチに酒粕を加えたレシピを紹介

卵を挟んだサンドウィッチは、結構定番のレシピでしょう。しかしインターネットにはこの卵サンドウィッチに酒粕を加えたユニークなレシピが紹介されていました。いつもの卵のサンドウィッチの味も変わってくるはずです。普通のと比較すると、より大人の味になるといいます。

このレシピを作るためには、

  • 食パン
  • ゆで卵
  • 酒粕
  • 白醤油

が必要です。

まずはゆで卵を作って、そこに酒粕とゆで卵、白醤油を混ぜ合わせていきます。

これが完成したところで、食パンを半分にカットします。

そしてそこに先ほど紹介したゆで卵と酒粕、白醤油の混ぜ合わせたものを挟みます。

これだけで完成しますので、手軽に作れるでしょう。

 

ゆで卵と酒粕と白醤油を混ぜ合わせるときに、そのままだと腕力が必要で時間がかかるかもしれません。酒粕は比較的硬めに作られているものが多いので、なかなか混ざらないからです。もしスムーズに食材を混ぜ合わせたいと思っているのであれば、ゆで卵を作っているときに電子レンジで酒粕を温めておくといいです。酒粕が通常よりも柔らかい状態になるので、混ぜ合わせやすくなるからです。電子レンジの場合、1分以上温める必要はないです。数十秒も温めれば、だいぶ柔らかくなるはずです。

酒粕を加えると、その風味が強くなるのではないかと思う人もいるでしょう。しかしそれほど大量に酒粕を入れなければ、そこまで自己主張は強くなくなります。1人分のレシピでみると、食パン1枚ゆで卵半分程度を使います。これに対して酒粕は大さじ1杯程度なら、それほど風味が強く出ることもないです。口コミを見ても、「普段あまり酒粕は食べないけれどもこれなら食べられる」という投稿もあります。酒粕を食わず嫌いでいた人は、一度このレシピにチャレンジしてみてはいかがですか?

菜の花のサンドウィッチに酒粕を加えたレシピ

酒粕を使ったサンドウィッチのレシピはいろいろなサイトで紹介されています。その中に菜の花に酒粕を加えて、それをサンドウィッチにしたレシピが投稿されていました。従来のサンドウィッチと比較すると、かなり異なるレシピですが春のピクニックの時などに食べるとちょうどいいと高く評価されていました。ここではこのサンドウィッチのレシピについて紹介します。

このレシピを作るためには、

  • 菜の花
  • オリーブオイル
  • 粒マスタード
  • 玉ねぎ
  • ブラックペッパー
  • リンゴ酢
  • 豆乳
  • 酒粕
  • 食パン
  • レタス

が必要です。

まず菜の花を大きさにして3cm程度にカットします。

そしてフライパンに菜の花を入れて加熱します。この時水を大さじ3杯程度くわえます。こうすることで焼くというよりも蒸していきます。菜の花を蒸すことで食感がある程度残るからです。

菜の花を柔らかくなるところまで蒸したら、オリーブオイルと塩、粒マスタードを加えていきます。そしてよく混ぜ合わせていきましょう。

今度は玉ねぎを用意して、1cm角に角切りしていきます。カットした玉ねぎをフライパンに入れて、ここでも大さじ3杯程度の水を加えます。こちらも蒸していって、玉ねぎがくたっとなったところでフライパンから取り出します。

続いてボウルの中に酒粕・オリーブオイル・塩・ブラックペッパー・豆乳・リンゴ酢を入れて混ぜていきます。リンゴ酢を入れるのがポイントです。中には酒粕の独特の風味が気になるので苦手という人も多いでしょう。しかしリンゴ酢を加えることで、酒粕の風味が飛びやすくなって、癖が薄らいで食べやすくなります。ここに先ほど紹介した蒸した玉ねぎを加えていって、よく混ぜ合わせましょう。

食パンの下ごしらえにこの段階で移ります。食パンに粒マスタードを塗って、そこに蒸した菜の花と玉ねぎと酒粕などを混ぜ合わせたもの、レタスを挟みます。そして盛り付けをすれば完成です。

 

菜の花を使うことで、肌の感じが強調されます。しかも食感を残すようなレシピになっています。このレシピでは、肉や魚を一切使っていません。ですからボリュームの面で特に若い男性の場合、満足できるか不安という人もいるでしょう。しかし食感を残すことで、食べ応えもしっかり感じられるようになっています。しかも食パンに粒マスタードを塗っておくのがポイントです。粒マスタードのピリッとした硬さが、ちょうどいい味のアクセントになります。いろいろな味わいを楽しめるので、ピクニックの時などにもっていくと面白いかもしれません。

酒粕の臭いが気になるという人もいるでしょう。しかしリンゴ酢を加えることで癖が少なくなります。そしてイメージとしてはチーズのようなまろやかな感じになります。春先というと、お花見を友だちや会社で行うという人も多いでしょう。お花見をする際に、このサンドウィッチを持っていくと場も盛り上がるでしょう。

酒粕とサンドウィッチのレシピは意外だけれどもおいしい

このようにインターネット上では、酒粕を使ったサンドウィッチのレシピがいろいろと紹介されています。酒粕とサンドウィッチというとミスマッチの印象を抱く人もいるでしょう。しかし上で紹介したレシピは、実際にチャレンジした人もいるようでコメントや口コミの中で「おいしかった」という意見もしばしば見られます。

サンドウィッチをお弁当屋朝食・昼食の際に作るけれども、なかなかレパートリーが増えない、毎回同じなのでマンネリ感があるという人はいませんか?その場合上で紹介した酒粕を使ったサンドウィッチのレシピに挑戦する価値はあるでしょう。酒粕にはほとんどアルコールも含まれていないので、お酒が苦手という人でも抵抗なく食べられるはずです。







当サイトお勧めの酒粕商品です!

美容にも健康にも良い酒粕を、酒粕の美容商品をAmazonや楽天で購入出来ます。