酒粕を原料にした焼酎があった!酒粕焼酎の作り方







当サイトお勧めの酒粕商品です!

美容にも健康にも良い酒粕を、酒粕の美容商品をAmazonや楽天で購入出来ます。

酒粕焼酎
焼酎には様々な種類があります。原料とするものが何かによって味が大きく変わりますが、あまり知られていませんが、酒粕を原料にして作られている焼酎もあります。酒粕は日本酒を作る過程で作られるものなのに、それを原料として焼酎を作るなんてなんだか不思議な感じがしますが、独特の風味はツウな人を魅了してやみません。酒粕焼酎には酒粕の栄養成分がしっかり含まれています。酒粕焼酎の作り方を見てみましょう。

酒粕焼酎はどんな作り方で作られるの?

本格焼酎と呼ばれる類の焼酎は大きく分けてもろみ取焼酎と粕取焼酎に分けられます。もろみ取焼酎とは米麹か麦麹に水と酵母を合わせて発酵させてもろみを作り、そこに主原料を足して仕込み熟成させ、それを蒸留して作ったものです。この主原料は米、麦、芋、ソバなどが使われどれを主原料にするかで焼酎の味が変わります。一般的に知られている焼酎はもろみ取焼酎のカテゴリーです。

一方で酒粕焼酎は粕取り焼酎とも呼ばれ、もろみ取焼酎とは全く違った醸造方法で作られています。酒粕には9%のアルコール成分が含まれているといわれています。この酒粕は清酒を作るときにできるもので、これを蒸留して作ったのが酒粕焼酎です。酒粕を原料にしていることから、多くの粕取り焼酎は日本酒の酒蔵で作られていて、あまり知られてはいない焼酎ですが、一部の粕取り焼酎ファンに大きな人気があります。

粕取り焼酎と他の焼酎の違いはもろみを使わないところにあります。他の原料の場合、アルコール成分をつくるためにもろみを使用しているのですが、酒粕自体にすでにアルコールが含まれているため、酒粕を蒸留するだけで焼酎が作れてしまうのです。

自分でできる酒粕焼酎の作り方はある?

自分でお酒を造ることは禁止されていますから、いくら蒸留する技術を持っていたとしても粕取り焼酎を自ら作ることはできません。酒粕独特の風味と香りを持った粕取り焼酎を飲んでみたいという人はきちんとお店や酒蔵で購入しましょう。ただ、万人受けするタイプの焼酎ではないですし、他の焼酎と比べると製造されている量も圧倒的に少ないです。

しかし、現在は「粕取り焼酎」もしくは「酒粕焼酎」とネットで検索すれば簡単に見つけることができますから、気になる人はネットをチェックしてみましょう。

粕取り焼酎にもいろいろな種類がある

粕取り焼酎は現在のところ全国で約60種類の銘柄が作られており、市場に出ています。焼酎は九州で作られるものが多いですが、日本酒を作る工程でできる酒粕を原料としているので日本全国様々なところで粕取り焼酎が作られています。粕取り焼酎は作り方の違いによって正調粕取りと吟醸系粕取りに分けることができます。昔ながらの味で、酒粕としての味が強いのは正調粕取りの方です。こちらはクセが強いので、初めて粕取り焼酎を飲むのであればまずは吟醸系粕取りから始めてみるといいかもしれません。

正調粕取りは酒粕ともみ殻を合わせたものを蒸留させて作ったものです。そのほかのものを加えていないので、酒粕から生まれる香りを十分に楽しむことができます。そのため、独特の香りが強く初めて飲んだ人の大半が顔をしかめてしまう味とも言われていますが、それがくせになって好んでファンになる人もいます。

吟醸系粕取りはもみ殻を使わずに蒸留することでそれぞれの日本酒がもつフルーティーな味わいを残した仕上がりになっています。有名な日本酒銘柄から生まれた酒粕を使って作った吟醸系粕取りもあります。こちらも粕取り焼酎独特のクセはありますが、正調粕取りと比べると癖は少なく、初心者でも挑戦しやすい味です。

日本酒が銘柄によって味が異なるように、それを使って作った粕取り焼酎ももちろん違いがあります。もし好きな日本酒の銘柄があるのであればその酒造で粕取り焼酎を作っていないか調べてみて飲んでみるのもおもしろいのではないのでしょうか。

酒粕焼酎はどうやって飲めば一番おいしい?

居酒屋で焼酎を好んで飲む人はかなりいますが、焼酎自体はアルコール度数の高いもののため、水割りにして飲む人が多いでしょう。ただ、焼酎はロックで飲めばその焼酎が持つ原料独特の香りをしっかりと楽しむことができます。それは粕取り焼酎でも同じです。粕取り焼酎は他の焼酎とは違った作り方から生まれる独特の甘さと味わいが特徴です。しかし、焼酎としてのキレはもちろんあるので、ロックで飲んで粕取り焼酎独特の香りを楽しむのがおすすめです。

さらにアルコール感を楽しみたいという人はストレートで飲んでみましょう。それから、梅酒が好きな人なのであれば、粕取り焼酎をつかって梅酒を漬けると、一味違ったおいしい梅酒を作ることができます。普通に梅酒を作る時の用量で梅の果実と氷砂糖、そして粕取り焼酎を漬け込みましょう。その場合には普通に梅酒を作る時よりも長い期間(1年から3年程度)熟成させるといい具合に粕取り焼酎の癖が抜け、梅酒の味が出てきます。時間はかかりますが、コクのあるおいしい梅酒ができあがります。ただ、どの粕取り焼酎もアルコール度数は高いですから、飲みすぎには十分注意してください。

あまり知られていない酒粕焼酎は残念ながら自分では作ることができません。粕取り焼酎の特徴は他の焼酎がもろみを使っている中、一切もろみを使わず蒸留のみで仕上げている点にあります。酒粕にはすでにアルコールが含まれているのでもろみは必要ないのです。でも、市場には様々な粕取り焼酎が出回っています。酒粕の魅力にハマってしまったという人は、一度粕取り焼酎も試してみるといいかもしれません。

他の焼酎では感じられない独特の味わいを一度気に入ってしまうと他の焼酎では物足りなくなります。正調粕取りは初めて飲む人のほとんどが顔をしかめてしまうといわれているほどクセが強い酒粕焼酎です。初めて酒粕焼酎にトライするのであれば、まずは吟醸系粕取りから試してみましょう。こちらはあまり癖がなく、米が持つ甘みに似ているものも多いため、抵抗なく飲めるかもしれません。楽天など、ネットでは様々な銘柄を購入することができますから、まずは試してみましょう。







当サイトお勧めの酒粕商品です!

美容にも健康にも良い酒粕を、酒粕の美容商品をAmazonや楽天で購入出来ます。